『留学カウンセラーの本音:フィジー留学について』

留学・ワーホリ 留学ここだけの話

安い費用で留学がしたい!!と思っている人は多いはず。一昔前までは留学といえば非常に費用が掛かるものでした。ですが最近では格安留学というものができ、留学はお金だけが行けるものではなくなり。学生のバイト代でも頑張れば行けるようになりました。

格安留学の中でも人気がある国はフィリピン留学とフィジー留学の2つです。フィリピン留学はネットで検索するとたくさんの情報が出てきますが、フィジー留学は情報が非常に少ないので、私の経験(世界一周中の滞在、及びフィジー留学)をもとに詳しく説明していきます。

フィリピン留学とフィジー留学の違いについてはこちらの記事が参考になります。

フィジー留学の特徴

南国のあっつい国

みなさんフィジーはどこにあるか知ってますか?フィジーは南半球にあり、オーストラリアやニュージーランドの近くに位置しています。南半球ですので日本とは季節は逆となりますが、一年中あっつい国です。オーストラリアなどと同じで、日差しが強く、すぐに真っ黒になりますよ。紫外線量だと日本の倍以上あります。日焼け止め対策は必須です。

気候は雨期と乾期に分かれています。11月頃~3月までが雨期、4月頃~10月までが乾期となります。気温は23度~28度と年間通して暖かく、過ごし易い常夏の国です。

雨期にはスコールと呼ばれる一時的な雨が降ります。ザーっといきなり雨が降ったら、ピタッといきなり雨がやみます。それを繰り返すのが雨期の特徴です。日本人みたいに傘を持って歩いているフィジー人は見たことがないです。

またフィジーはリゾート地としても有名な国です。リゾート地であるデナラウに行くと、もうそこはハワイみたいな感じです。海が好きな人には最高の国です。

POINT

フィジーは一年中暑い南国

オセアニアに位置し、オーストラリアやニュージーランドに近い

リゾート地として有名

治安

日本と比べたら治安は悪いです。日本人を狙ったスリやひったくり、置き引きはよく発生してます。けどそれはどこの国に行っても同じです。世界中旅をしてきましたが、どこに行っても日本人はスリ等に狙われていました。日本人=お金持ちかつ小さく、弱いというイメージがあるみたいです。また日本よりも治安が良い国はないです。日本を出たら日本よりも治安が悪い場所に行くと思った方がいいです。

フィジーと日本以外の国を比べると、私の感想としては比較的フィジーは治安が良い国だと思います。普通にスリ等を警戒して対策していれば大丈夫です。ちなみに私は一度も危ない目には合わなかったです。まぁそうは言っても日本人の軽犯罪の被害は多いですけどね。

フィジー人の人柄

とにかくフレンドリー!!これは声を大にして言いたい。フィジー人はとにかくフレンドリーです!!歩いていると結構な頻度で話しかけられます。カメラなんて持っていたら、少年・少女からお年寄りまでポーズをとってくるほどです。

またフィジーにはたくさん村があり、勝手に村に入って悪い顔をする人はいないですし、すぐに自宅に入れてくれます。私はそこで様々な人たちと会話をして、村人とゆったりとした時間を過ごすことができました。

フィジーの人達は本もそんなに読まないですし、ましてやゲーム、スマートフォンなんか持ってないです。日本で言うと、めっちゃ田舎です。彼らは仕事や学校以外の時間何をしているかというと、人と会話をしています。会話をすることが娯楽なんですね。

現地の人達と会話をしたいとか、英語の会話力を伸ばしたいという人には非常に良い国だと思います。

POINT

フィジー人はとってもフレンドリー

日本で言うところの田舎町みたいな国なので、話すことが娯楽

英語での日常会話を伸ばすのに向いている

物価

物価はだいたい日本の半分くらいです。日本食レストランやマクドナルドなんかは日本と変わらないくらいの値段ですが、それ以外は安いです。映画館なんて500円くらいで観れました。

フィジーは先進国ではなく後進国です。そのため物価は安いですが、先進国のような洗練された街というのはないです。道はでこぼこですし、高層ビルや大きなショッピングモールはないです。日本でいう田舎を想像してもらうと分かりやすいと思います。

先進国みたいな綺麗で洗練された場所でないと暮らせない、という人には難しい国ではあります。

フィジー留学の特徴

留学費用が安い

他の先進国(アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア)と比べるとだいたい半額以下に抑えることができます。学生寮とかの安い滞在方法だと一年間の留学で100万円前後。フィリピン留学と同じくらいの費用です。

詳しい費用は、フィジー留学を専門に扱っている留学会社のサイトを見ていただくと分かりやすいと思います。サイトはこちら⇒South Pacific Free Bird

スピーキング力が伸びる

フィジー人の人柄でも記載しましたが、フィジー人はとにかくフレンドリーでおしゃべりさんです。なのでフィジーで暮らしていれば、必然的に英語で会話をします。他の国とは比べられないくらいに会話量は多いです。

スピーキング力を伸ばす一番の近道は、実戦での会話です。どれだけ人と会話をしたかで、スピーキング力は変わります。フィジーではその会話量が非常に多かったです。

スピーキング力を伸ばしたいという方は、フィジー留学がお勧めです。

親日

私はSouth Pacific Free Bird という留学会社を使いフィジーに留学に行きました。現地で街を歩き、フィジー人と会話するとまず最初に、「日本人?Free Birdの学生さん?」と言われます。驚いたことに街で会うほとんどのフィジー人がこの留学会社のことを知っており、かつ良い感情を持っていました。もちろん日本人に対する差別は全くないです。

今までいろいろな国で留学を経験してきましたが、こんなことは初めてで非常に嬉しかったのと同時に、疑問も生まれてきました。なんでこんなにただの留学会社が有名なのか。

詳しく調べたところ、South Pacific Free Bird はフィジーで一番最初に留学を始めた会社で、規模もフィジーでダントツに大きい語学学校でした。それだけでなく、大量に失業していたフィジーの教師を雇用することにより、社会貢献もしていたため、メディアにも何度も取り上げられ、今のような状況になっていると分かりました。

マリンスポーツができる

フィジーは観光地として有名な場所で、海が非常に綺麗です。観光地に行くとハワイのようにたくさんのホテルと綺麗な海があります。

フィジーでの楽しみ方の一つとして、300以上ある島にボートで行き、そこでマリンスポーツをしながら過ごすというのがあります。非常に綺麗な海を見ながら、フィジーのビールを飲んで過ごす一日は最高でした。

フィジーに行ったら島に行き、綺麗な海と共に過ごすことがお勧めです。

まとめ

フィジーは留学をするうえで非常にお勧めの国です。英語のレベルで言えば、英語初級~中級者向けです。英語上級者にはちょっと物足りないかなと思います。

フィジーはアメリカなどの先進国と違い、後進国ですので高度な教育機関が多くないです。より高いレベルの会話を学びたいなら先進国に行くのがお勧め。

また後進国でいろんなことに不自由な国でも大丈夫な方でないと厳しいです。バスは時刻表なんてないです。でかいショッピングモールがたくさんあるわけでもないです。ゲームセンターもないです。日本に当たり前にあるものがないです。だけどそれ以上に日本では経験きないことを経験できる国でもあると思います。

今留学する国に迷っていて、かつスピーキング力を伸ばしたい、現地の人と仲良くなりたいということであれば、フィジーは大変オススメな国です。

上へ
inserted by FC2 system