【PHP/XAMPP】MySQLでデータベースを作成する方法

MySQLでデータベースを作成する方法

PHPを使ったWebアプリケーションの開発では、必ずデータベース作成のプロセスがあります。

使用するデータベースは数多くの種類がありますが、今回は代表的なMySQLでのデータベース作成方法を解説します。

MySQLのデータベース作成には、PHPMyAdminとコマンドプロンプトを使った2つの方法があり、この記事では両方とも解説しています。

MySQLとは

Oracle社が開発・公開しているリレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)です。

※RDBMSとは、データを効率よく管理している多くのデータベースを管理するシステムを指す

MySQLは、データベースで最も普及している人気があるDBMSの1つで、無料で公開されています。PHP+MySQLやJava+MySQLという組み合わせで、多くのWebシステムが構築されます。

MySQLは、多くの企業から個人まで幅広く利用されており、信頼性の高さがわかります。

留学生

MySQLについてよくわかりました!でもインストールはどうやればいいんですか?

留学カウンセラー

XAMPPをインストールすれば、MySQLも一緒にインストールされますよ。

XAMPPをインストールすると、PHPをローカル環境で動かすために必要な、「Apache」や「MySQL」が一括でインストールされます。

XAMPPのインストール方法はこちらをご覧ください。

それでは次にMySQLの起動方法について見てみましょう。

MySQLの起動方法

XAMPP Control Panelの起動

まず初めにXAMPP Control Panelを起動します。起動方法は機種により異なります。この記事ではWindows10環境での方法をご説明します。

Windowsボタンをクリック後、「XAMPP」⇒「XAMPP Control Panel」をクリックしてください。

XAMPP Control Panelの起動

「XAMPP Control Panel」をクリックすると、XAMPP Control Panelが起動します。

ApacheとMySQLの起動

XAMPP Control Panelが起動しましたら、「Apache」と「MySQL」のStartボタンをクリックしてください。

XAMPP Control PanelからMySQLの起動

クリックすると「PID(s)」と「Port(s)」に数字が表示されます。数字が表示されれば「Apache」と「MySQL」は無事に起動しています。

XAMPP Control PanelからMySQLの起動確認

この方法でMySQLが起動し、PHPが使えるようになります。

それでは次はMySQLに接続する方法を見ていきましょう。

MySQLへの接続方法

留学生

MySQLを起動することはできましたが、どうやって操作すればいいんですか?

留学カウンセラー

MySQLのデータベースを操作する方法は、「PHPMyAdmin」か「コマンドプロンプト」の2種類があります。

PHPMyAdminは、いわゆるグラフィカルユーザーインターフェース(Graphical User Interface,GUI)です。

直観的な操作ができるので、すぐにデータベースの作成や削除、追加などができるようになります。

初心者でもすぐに使えるようになるので、まず初めはPHPMyAdminから入るのがお勧めです。

コマンドプロンプトは、いわゆるキャラクタユーザインターフェイス(Character User Interface,CUI)です。

画面の表示には文字列がたくさん並んでおり、キーボードから文字列を入力して操作します。

データベースを操作するコマンドを覚えていないと使うことができないので、PHPMyAdminのように直観的な操作はできません。

まずは簡単なPHPMyAdminの操作方法から解説していきます。

PHPMyAdminの操作方法

PHPMyAdminへの接続

PHPMyAdminへの接続方法は2種類あります。

まず1つ目がXAMPP Control Panelからです。MySQLの右にあるAdminをクリックするとPHPMyAdminのログイン画面が表示されます。

XAMPP Control PanelからPHPMyAdminの起動

2つ目がブラウザに直接URLを入力する方法です。下記のURLを入力すればPHPMyAdminのログイン画面が表示されます。

http://localhost/phpmyadmin/index.php

ログインをするとPHPMyAdminの管理画面が表示されます。

それでは次にデータベースを作成してみましょう。

データベースの作成

PHPMyAdminからデータベースの作成をします。画面上部のメニューから「データベース」を選択してください。

PHPMyAdminでデータベース作成

するとデータベース情報一覧画面が表示されます。

PHPMyAdminでデータベース一覧画面

ここには作成されているデータベースが一目でわかるようになっています。

このページからデータベースを作成していきます。

データベース作成には、「データベースを作成する」と書かれた下にあるテキストボックスに作成したいデータベースの名前を入力します。

名前を入力したら、右にある「作成」をクリックします。

PHPMyAdminでデータベースの名前を付けて作成

これで新しいデータベースを作成できました。

PHPMyAdminでデータベースの名前を付けて作成2

次は作ったデータベースの中にテーブルを作成します。

テーブルの作成

作成したデータベースの中にテーブルを作ります。

画面左側に先ほど作成したデータベース名が表示されているので、そちらをクリックしてください。

そうすると、選択したデータベース内に含まれるテーブルが表示されます。今は作成したばかりなのでテーブルはありませんね。

PHPMyAdminでデータベース内のテーブルを確認

選択したデータベース内にテーブルを作成するには、作成するテーブルの名前およびカラム数を入力し、「実行」をクリックします。

PHPMyAdminでデータベース内のテーブルを作成

カラム数とありますが、このカラムとは列のことを意味します。データベースは2次元の表(テーブル)によって表現しており、その列を表すのがカラムです。行のことは「レコード」と言います。

カラムは列を表すので、ここで入力するカラム数はテーブルの項目数を表していると考えると分かりやすいと思います。

「実行」をクリックすると、テーブルが作成されます。そして画面はカラムを設定する画面に変わります。

PHPMyAdminでテーブルのカラムを確認

カラム数を3としているので、3つのカラム(項目)を設定できるようになっています。

今回はそれぞれのカラムの名前を「id」、「english」、「difficult」にし、データ型を「INT」、「VARCHR」、「INT」にしました。

PHPMyAdminでテーブルのカラムを設定

idは1からインクリメントして番号を付与するように、A_I(Auto Increment)にチェックしてあります。

これで保存をクリックするとテーブルの中にカラム(項目)が作成できます。

PHPMyAdminでテーブルのカラム作成後の確認

上の画像より、データベース「test」の中にあるテーブル「english」にカラムが3つ入っていることがわかります。

このようにして、データを入れる、いわば箱を作成していきます。

それでは次にコマンドプロンプトの場合、今の手順をどのように行うか見ていきましょう。

コマンドプロンプトでのデータベース作成

コマンドプロンプトでのMySQL接続方法

コマンドプロンプトからMySQLに接続するには下記コマンドを入力・実行します。

mysql -u ユーザー名 -p

すると、MySQLからパスワードの入力を求められます。

Enter password:パスワードを入力

パスワードがあっていれば、MySQLがコマンドを受け付けられる状態であることを示す、mysql>が表示されます。

mysql>

しかしXAMPPをインストール後に、コマンドプロンプトからmysqlを実行しても何も起きません。

コマンドプロンプトからMySQLを操作する場合は、環境変数を事前に変更しておく必要があります。

やり方としては、環境変数の変更画面にて、「Path」にmysql.exeが保存されている「C:\xampp\mysql\bin」を追加する必要があります。

これが難しい方は、「C:\xampp\mysql\bin」内にあるmysql.exeを実行すれば大丈夫です。

次はデータベースの作成について見てみましょう。

データベースの作成(create文、show文、use文)

データベースを作成するには、下記のコマンドを入力・実行します。

create database データベース名;
例)create database test;

成功すれば、OKという表示が出ます。すでにあるデータベース名は作成することはできません。

データベースが作成できたか、また現在のデータベースを確認する際は下記コマンドを実行します。

show databases;

databasesと複数形になっているので、入力ミスがないように注意してください。

このコマンドを実行すると、現在作成されているすべてのデータベースが確認できます。

次にテーブルの作成を行いますが、まだ使用するデータベースの指定がされてないので、テーブルの作成はできません。

これから使用するデータベースを指定するには、下記のコマンドを実行します。

use データベース名;
例)use test;

これにより、該当のデータベースの中をいじれるようになりました。

次はテーブルの作成について解説します。

テーブルの作成(create文、show文、describe文)

該当のデータベース内にテーブルを作成するには、下記のコマンドを実行します。

create table テーブル名(カラム名(項目名) データの型,カラム名(項目名) データの型・・・);
例)create table(id int,english varchar(30),difficult int);

create文の後にテーブル名、項目名、データの型を指定します。

では実際にうまくテーブルやカラムが作成できているか、下記コマンドで確認してみましょう。

show tables;

上記のコマンドで、現在作成されているテーブル一覧が表示されます。

またテーブルの詳しい情報を表示するには下記コマンドを実行します。

describe テーブル名;

このコマンドにより、テーブルのカラム(項目)など細かな情報が確認することができます。

まとめ

それでは今回紹介した「MySQLでデータベースを作成する方法」の重要なポイントをおさらいしましょう。

POINT

MySQLの起動には「XAMPP Control Panel」を使用する

MySQLの接続は「PHPMyAdmin」と「コマンドプロンプト」の2つ

データベースを作成⇒テーブルを作成することで、データを入れる箱が作られる

最初のうちはGUIの「PHPMyAdmin」を使った方が楽

ここまでできて、やっとデータベースのスタートに立ったくらいです。

まだまだやるべきことは多いので、ここで満足せずに先にどんどん進みましょう。

inserted by FC2 system