【PHP】XAMPPのインストール方法と操作方法【初心者用】

XAMPPのインストール方法と操作方法

これからPHPを勉強しようと考えているあなた!!ローカル環境(自分のPC)でPHPを動かすには必ず必要なソフトウェアがあります。

それはWEBサーバー(とデータベース)です。この機能がPCにないと、ローカル環境でPHPを動かすことができません。

そこで今回は、PHPをローカルで動かすために必要なソフトを無料で且つ一括でダウンロードできるパッケージ、XAMPPインストール方法操作方法について説明いたします。

XAMPPとは

留学生

ローカルでHTMLページがちゃんと見れているから、PHPもちゃんと動きますよね?

留学カウンセラー

いいえ、HTMLページが見れるからと言って、PHPが正常に動作するわけではありません。

自分で作ったHTMLだけで書かれた静的なページであれば、なんのソフトも入れなくともブラウザで表示することができます。

しかしPHPを使った動的なページですと、ブラウザにはPHPを実行できる機能がないため、PHPを実行できるサーバーが必要になります。

PHPはサーバー側でプログラムを実行し、その結果をブラウザで表示しているため、ローカル環境でPHPを動かすには自端末にサーバー機能を持たせる必要があります。

そこで登場するのがXAMPP(ザンプ)です。

これはWebアプリケーション開発には欠かせないソフトウェアなどを一括でインストールできる優れものなのです。

XAMPPをインストールするだけで、PHPをあなたのPCで実行することができるようになります。

留学生

とても便利なのはわかったけど、なんでXAMPPって名前なの?

留学カウンセラー

それはソフト名や言語の頭文字をとって名前が付けられたからですよ。

XAMPPという名前は、下記の頭文字を取って付けられました。

  • X:クロスプラットフォーム(OSに依存せずに使えるという意味)
  • A:Apache HTTP Server(Webサーバー)
  • M:MySQL(データベース)
  • P:PHP(プログラミング言語)
  • P:Perl(プログラミング言語)

一つ一つを個別にインストールすると時間がかかってしまうので、XAMPPのようなパッケージがとても便利です。また注意としては、最新版のソフトウェアでない場合もあります。商用利用する際はバージョンアップの必要があるか確認が必須です。

XAMPPのインストール方法

XAMPPファイルのダウンロード

XAMPPのダウンロードはApache Friendsから行えます。

※本記事ではWindows10環境でのインストールです。

Apache Friendsにアクセスしたら、下記赤枠の「Windows向けXAMPP」をクリックします。(MACの場合は「Apple向けXAMPP」をクリック)

XAMPPのダウンロード画面1

クリック後、画面が切り替わりXAMPPファイルのダウンロードが始まります。サイズが若干大きいため、少し時間がかかります。

XAMPPのダウンロード画面2

ダウンロードしたXAMPPファイルは、記事作成時点(2018年10月24日)で最新の「xampp-win32-7.2.11-0-VC15-installer.exe」です。

XAMPPのインストール

ダウンロードしたファイルのフォルダに移動し、ファイルをダブルクリックします。

ウイルス対策ソフトを入れている場合、下記画像のような注意喚起の文言が表示されます。問題はほとんどの場合はないので、「YES」をクリックします。

XAMPPインストール時の注意喚起

インストーラーが起動し、セットアップ画面が表示されます。「XAMPPセットアップウィザードへようこそ」と書かれているだけなので、「NEXT」をクリックします。

XAMPPインストーラー画面1

次にインストールできるソフトウェアを選ぶ画面が表示されます。

今使わないと思うソフトウェアがあっても、将来的に使う可能性もありますので、そのまますべてチェックして「Next」をクリックします。

XAMPPインストーラー画面2

次はインストールするフォルダの選択をします。

デフォルトでは、インストール先が「C:\xampp」となっており、変更はせずに「Next」をクリックします。

XAMPPインストーラー画面3

すると下記のような画面が表示されます。チェックボックスの横の英文は、「よりBitnamiについて知りたいですか?」と聞いています。チェックをしているとWebサイトが開きますので、見たくない方はチェックを外してください。

XAMPPインストーラー画面4

上記画面で「Next」をクリックすると、ついにイントールが始まります。

インストールが終了するまで、しばらく待ちましょう。

XAMPPインストーラー画面5

XAMPPのインストールが終了すると、下記の画面が表示されます。

すぐにXAMPPを起動する場合は、チェックはつけたままで大丈夫です。使わない方はチェックを外して、「Finish」をクリックします。

XAMPPインストーラー画面6

これでXAMPPのインストールは終了となります。チェックを付けていた方は、「XAMPP Control Panel」が開いているはずです。

日常でXAMPPを起動する方法は、「スタートボタン」⇒「XAMPP」⇒「XAMPP Control Panel」で起動することができます。

XAMPPの使い方

XAMPP Control Panelを起動すると、下記画像の画面が表示されます。自分が起動したいソフト名の横にある「Start」ボタンをクリックすれば、ソフトは起動します。

単にPHPを使いたいだけであれば、Apacheを起動すれば大丈夫です。(データベースの使用を伴うPHPの場合はMySQLも起動します)

XAMPPコントローラーパネル画面

留学生

ApacheとMySQLはわかりましたが、他のソフトは何ですか?

留学カウンセラー

「FileZilla」はFTPサーバー、「Mercury」がメールサーバー、「TomCat」はJavaServletを動かすためのソフトです。

これでPHPを動かす準備ができましたね。あとはPHPを記述して、実際に動かしてみるだけです。

それではPHPが動かせる日々をお楽しみください。

inserted by FC2 system