ホームステイの英会話:家の案内

ホームステイ先の家の案内

『ホームステイの英会話』では、留学でホームステイに行く方向けに、シチュエーションごとの英会話とアドバイスを紹介しています。

ホームステイ先の家に着いたら、まず始まるのが家の案内です。その際に相手が何を言っているのか分からないと、今後の生活に支障をきたしてしまいます。

今回はホームステイ先で家の案内をされた時の会話について紹介します。

ダイアログ

会話文

<シチュエーション>

ホームステイ先い着いたあなたはとても大きな家でビックリしていました。そして家の中に入ると、そこには海外ドラマでみたような大きなリビングやキッチンがありました。

K:I’ll show you around our house.

K:Follow me Mari.

M:That’d be very nice. Thank you.

K:This is the living room.

K:You can sit back and watch TV here.

M:It looks very comfortable.

J:The couch is very fluffy.

K:This is the kitchen.

M:Wow! It’s very spacious.

K:Feel free to eat and drink anything from the fridge.

M:Thank you. That’s a very big fridge.

K:Feel free to use the kitchen.

M:Thank you very much. I’m so happy.

M:It must be fun to cook.

J:I’ll show you your room.

J:This is your room.

M:It’s very nice and clean.

J:Do you like it?

M:Yes, I like it very much. The room looks very comfortable.

J:I’m glad you like it.

M:Can I put my cosmetics in this dresser?

J:Sure. You can use it. And you can put your clothes in this closet.

M:O.K. Thank you.

M:I’m very happy to have such a nice room.

※M:Mari、S:Steve、K:Kate、J:Jane


K:家の中を案内するわね。

K:マリ、私についてきて。

M:それはいいですね。ありがとう。

K:ここがリビングよ。

K:ここに座ってテレビを見れるわ。

M:とても快適ですね。

J:ソファはとてもフワフワよ。

K:ここがキッチン。

M:わー。とても広々してますね。

K:自由に冷蔵庫の物は食べたり飲んでいいからね。

M:ありがとう。とても大きな冷蔵庫です。

K:自由に台所使っていいわよ。

M:ありがとう。とても嬉しいです。

M:ここで料理するの楽しいに違いないわ。

J:私が部屋を案内するね。

J:ここがあなたの部屋よ。

M:とても広くていいですね。

J:気にいった?

M:はい、とても気に入ったわ。部屋はとても快適そうだわ。

J:気にいってくれてうれしいわ。

M:この鏡台に化粧品を入れていい?

J:もちろん。使ってちょうだい。あとこのクローゼットに洋服を入れて。

M:わかったわ。ありがとう。

M:こんなにいい部屋を持てて嬉しいわ。

関連英単語

アドバイス

留学生

わからないことがあってその時質問しなくても、その都度空気を読んで教えてくれますよね?

留学カウンセラー

いいえ、わからないことがあったらその都度聞くようにしましょう。外国の人は質問がなければ、相手がちゃんと理解していると考えます。

何か必要なものがあれば、遠慮することなくCan I have a comforter?等と尋ねましょう。日本人と違って、海外の人は空気を読んだり、察したりせず、言わないからいらないんだなと思います。察してくれるのを待つのではなく、何でも言うように心がけましょう。

アメリカや海外の家は日本に比べて大きいです。特にホームステイをしている家庭は非常に家が大きい傾向があります。冷蔵庫も日本よりも大きく、まずそこに驚くでしょう。

冷蔵庫は英語でrefrigeratorと言いますが、縮めてfridgeと言うこともあります。

家に入る時は靴はいちいち脱ぎません。家の中でも靴を履いたまま生活をします。

留学生

部屋の鍵はもらえなかったら、部屋に鍵をかけなくてもいいですよね?

留学カウンセラー

部屋の鍵は必ずもらいましょう。プライバシーを守るためや、貴重品がなくならないようにするためにも部屋を空ける際は、鍵をかけるように心がけてください。

ほとんどの場合、ホームステイ先は部屋に鍵をつけることを義務付けていますので、鍵がない場合は語学学校または留学エージェントに言ってください。

よく使う英文例

May I put my shoes here?

(ここに靴を置いてもいいですか?)

The living room is relaxing.

(リビングはゆったりしていますね)

The kitchen is designed very convenient.

(キッチンはとても便利にデザインされていますね。)

Where’s the restroom?

(トイレはどこですか?)

You have a beautiful front yard.

(綺麗な庭ですね)

Please show me how to draw the blinds?

(ブラインドの引き方を教えてください)

Can I have more hangers?

(ハンガーをもう少しもらえますか?)

This way.

(こちらです)

まとめ

今回の「ホームステイの英会話:家の案内」はいかがでしたか?

家の中を紹介された時にO.K.やThank you.だけでなく、今回の会話のように、それがどうなのかをきちんと相手に伝えられるようにしましょう。

上へ
inserted by FC2 system